使いすぎだけが原因ではない腱鞘炎

  • 腱鞘炎治療の方法と、ならないための工夫とは

    • 現代は仕事でパソコンを使ったり、プライベートでスマートフォンを使ったりする機会が多く、そこで腱鞘炎になってしまう方も多いです。

      腱鞘炎は、一度なると完治するまでに長い期間が掛かったり、痛みを伴うことの多い症状です。


      ですので、そうならないために工夫をしたり、なってしまったら病院などで治療を受けることが大切となります。


      まず最初に腱鞘炎にならないための工夫としては、適度に休憩を入れたり、対策グッズを使って対策をすると良いです。

      できものの有益な情報のご紹介です。

      腱鞘炎は長時間同じ動作をしたり、手首や腕に大きな負担がかかり続けるとなりやすいです。
      ですので、適度に休憩を入れることはその予防になります。
      長時間パソコンでタイピングをしたりする機会がある方は、時間を決めて適度に休憩を入れるようにすると良いです。

      T-SITEに関する情報を紹介するサイトです。

      また、対策グッズも役立ちます。


      グッズとしてはテーピングやサポーターなどが市販されています。
      中には患部を暖めて痛みを和らげてくれるグッズもありますので、既に腱鞘炎になってしまっている方にも最適です。そして、痛みが強くて自然治癒しない方は、病院で治療を受けると早期回復が目指せます。
      病院では痛み止めや湿布などを出してくれたり、適切な治療を行なってくれるので治りも早くなります。

      その他には、アドバイスや相談も医師からしてもらえますので、完治させたい方は病院を受診しましょう。



      病院へ行かず、自己流の治療をするとかえって悪くなることもありますので注意が必要です。